冷たい熱帯魚 園子温監督 感想

冷たい熱帯魚 [DVD]

 

連続猟奇殺人事件をベース作られた映画、

 

“人間の狂気と極限の愛”R18指定である

 

先日、園子温監督の「ヒミズ」を観て前作の「冷たい熱帯魚」DVDを観ることにしました。

 

登場人物も「ヒミズ」の俳優たちがほとんど出演していました。(冷たい熱帯魚→ヒミズですが) 殴る蹴るのバイオレンスを想像していたのですが、それよりも残虐シーンがメインでした。

 

私の人生で観てきた映画で戦争映画はのぞいて1番残虐シーンが描写された映画だったのではないかと思います。

 

目をそむけたくたくなる映像ですが、不思議に嫌ではないというか観れてしまいました。 残虐シーンが濡れ場、エロスなシーンをよりいっそう惹き立てて興奮しました。

 



ヒミズもそうでしたが、主人公に言葉を浴びせて、感情が爆発させるという手法がとてもうまいと思いました。

 

この映画を観てるとなぜか不思議にスッキリしたというか、とことんやっていて気持ちいいそんな感じです。

 

印象に残った言葉は「47億年後には地球はなくなっている」「人生ってのは痛いんだよ!」

 

なんか、ちっぽけなことはどうでもよくなり、

 

思いっきり生きていく自身が湧き出た気がする

 

ヒミズを85点と評価しましたが今回の「冷たい熱帯魚」は 95点!

 

残虐シーンが大丈夫な方は観てほしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください